日本キリスト教社会福祉学会第58回大会

※ 第58回大会は盛会の内に終了いたしました。
  多数のご参加ありがとうございました。

ワークショップのご案内

*ワークショップ申込みの際は、@又はAを払込取扱票通信欄のワークショップの枠内にご記入ください。
@地域に密着した、ミッションの働き(教会と福祉的支援のコラボレーション)

ミッションステートメント

弘前では、特に下町において、教会と福祉的働きが密接な関係をもって協働して   いる実践があります。特に、下町においては、非常に近い距離の中で、複合的な働きが行われています。その状況を見ていただいて、参考にしていただくのみでなく、私どもの働きも、どう改善したらいいかの提言もいただけたらと思っています。また、カトリックの信徒たちによる働きとして、弘前から30分ほど離れた岩木山の麓において、「森のイスキア」という働きが行われています。主催しておられた佐藤初女先生が召天され、現在は休止されている状況ですが、その働きについても見学させていただきます。

コース

弘前教会⇒弘前城⇒弘前西教会(青森いのちの電話事務局)⇒サムエル保育園⇒オリーブコート(高齢者グループホーム)&ショートステイ&コミュニティカフェ等⇒(バスに乗って移動)森のイスキア

A弘前におけるキリスト教、歴史と教育の旅

ミッションステートメント

弘前には、豊かなキリスト教文化があり、地域と密接に結びついてきました。特に、弘前教会を初めとして文化財となっている教会群があり、さらには、お寺でありながらキリスト教の墓地を持つ最勝院、弘前学院の出発点である弘前学院聖愛中学高等学校、また藩校から出発しながらミッションの学校である東奥義塾など、様々な教育と弘前・津軽とのつながりを体験してください。

コース

日本基督教団弘前教会⇒弘前カトリック教会⇒聖公会弘前昇天教会⇒最勝院 ⇒ 弘前学院聖愛中学高等学校⇒ 東奥義塾高等学校

研究発表及び実践報告の募集案内
(1) 分科会 1)歴史・思想 2)高齢者・児童 3)障がい者・マイノリティ 4)地域・貧困
※ 発表者多数の場合は、会場の都合でポスター発表にして頂くことがありますことをご了承ください。研究者のみならず多くの実践者の方々のご応募をお待ちしております。希望分科会は応募状況等によって変更させて頂くことがあります。
(2) 発表時間 20分(予定)
(3) 募集数 1分科会3名まで(予定)
(4) 申込予約と発表レジュメの締め切り
・ 発表予定者は4月末日までに氏名、所属、研究発表テーマ及び希望分科会を記載の上、学会事務局までe-mailまたはハガキにて申し込みのこと(必着)。最終的な発表分科会の決定(ポスター発表を含む)は、事務局で行い発表者に連絡します。
※ 発表者は、5月10日までにレジュメを学会事務局に提出のこと(必着)
レジュメ作成要領:@A4版2枚以内 A1枚目にテーマ、所属、氏名を明記 Bレジュメのデータを学会事務局まで、e-mail添付または郵送で送付する。レジュメデータのファイル形式はMS-Wordとすること。発表者も必ず別途参加申込を行うこと。